身近に使われる仏教用語 【出世】

Share on Facebook

本来は仏教用語で「俗世間の煩悩を解脱し、悟りを得ること」意味する「出世間」を意味する言葉です。
また、仏教の世界に入ることでもあり、僧侶のことを「出世者」と言ったりもします。

日本では公家の子弟が紙を剃り出家し、僧になった人のことを「出世者」と呼んでいました。
彼らは仏教の世界で昇進が早く、高い位に就くものが多かったため、転じて現在の意味である「社会的に高い地位や身分を得ること」の意味になったそうです。
本来の意味のように煩悩を解脱するのも、社会的に高い地位や身分を得ることも、その難しさにおいてはどちらも同じように大変かもしれませんね。

コメントは受け付けていません。