お盆

Share on Facebook

お盆は、盂蘭盆会(うらぼんえ)とも言い、ご先祖様の精霊を迎え追善のご供養をします。

地域によっても違いますが、7月、または8月の13日から16日まで。

13日の夕方には迎え火を焚き、ご先祖様の霊をお迎えしてご供養を行い、

16日の夕方には送り火を焚いてお帰りいただきます。

このようにお盆の間はご先祖様の霊も家に戻られ、

家族・親族が集まってご先祖との絆や繋がりを深める期間とも言えます。

さて、お盆の時には季節の野菜やほおずき、ハスの葉などをお供えしますが、

「精霊馬」といって、きゅうりやナスに割り箸を刺して馬や牛に見立てて作った

お供え物を供える地域があります。

この世に来る時は、きゅうりの馬で少しでも早く来ていただけるように、

帰るときはナスの牛でゆっくりとお帰りいただく、そんな願いが込められているとか。

今、自分がこの世に生を受けているのもご先祖様がいてくださるからこそ。

お盆の時にはいつも以上にご先祖様を大切にご供養したいものですね。

コメントは受け付けていません。