カテゴリー別アーカイブ: 葬儀の流れ

ご臨終から忌明けまで【まとめ】

ご不幸があってから、通夜・ご葬儀と、短期間の間に手配や段取りなどしなければならないことが沢山あります。一連の流れの中で、どのタイミングで何を確認し、何を行わなければならないかをまとめました。

ご臨終
葬儀社への連絡
病院(主治医)から死亡診断書を受け取る
病院の精算をすませる
ご遺体の搬送・安置
ご遺体の搬送手配
ご遺体の安置場所、枕飾りの準備
通夜・葬儀前の準備
市町村役場へ死亡診断書の提出、火葬許可書の交付を受ける
寺院への連絡
親戚や勤務先、関係者へ連絡をする
式場と火葬場の手配をする
喪主・世話役を決定する
遺影写真を準備する
喪服を準備する
棺に納める遺品の準備をする
通夜について
戒名の決定
通夜の受付・会計を決定する
弔問客接待の準備(料理の手配他)
僧侶の接待
礼状の手配
葬儀について
葬儀の日時・場所・規模・予算を決定する(概算見積もりを出してもらい、詳細を詰めてから再度確認する)
お布施・心付けの金額を決定する
お車代、御膳料、関係者へのお礼の準備をする
ご供花・供物等の依頼
世話役との進行・運営打ち合わせ
弔事者を決定する
粗供養品を決める
精進落としの料理を決める
紹介する弔電を決定する
席次・焼香の順位を決定する
喪主の挨拶を考える
火葬場へ同行される方を確認する
火葬場への車の手配
後飾りの準備をする
四十九日法要
法要の日程を決める
菩提寺のご住職へ依頼をする
本位牌を用意する
会食の時間と場所を設定する
卒塔婆の用意をする(浄土真宗では不要)
案内状を発送する
偲び草を用意する(神式)
忌明け後
葬儀でお世話になった方へ挨拶に行く
会葬御礼の準備をする
香典返しの準備をする
仏壇・お墓を用意する
形見分けをする
喪中ハガキを送る

不幸がおきたら

1.病院で亡くなった場合

  • 死亡診断書をもらいます
    死亡届・火葬の申請に必要な書類です。
  • 故人の着替えをご準備ください
    病院でご遺体の清拭処置後の下着、ゆかた等の着替えをご準備ください。
  • 死亡直後の連絡
    死亡直後の連絡は家族や血縁の濃い親戚だけに行います。
    葬儀の日程が決まり次第連絡をします。

2.自宅で亡くなった場合

  • 往診してもらっている医師があれば来ていただき、死亡が確認されれば死亡診断書をもらいます。
  • 医師の診断を受けておられない場合は、警察に連絡し、検視を受け死体検案書 (死亡診断書)を医師からもらい警察で検視済印をもらいます。
    ※警察の指示があるまで遺体を移動してはいけません。

3.事故死の場合

  • 事故死の場合は、警察の指示があるまで遺体を動かしてはいけません。
  • 警察の指示にしたがって検視を受け、死体検案書(死亡診断書)を医師からもらい、警察で検視済印をもらいます。
    ※死亡届、火葬申請は当社員にご相談ください。

次へ

ご遺体の搬送

1.病院で亡くなった場合当社へご連絡ください

  • お迎えの時間をご指定ください。
    寝台車がご指定の病院までお迎えにあがります。
  • 移送先、ご安置する場所を事前に決めておいてください。
  • 当社員が、ご遺体の安置の心得をはじめ、葬儀に関するあらゆる事柄を親身になってお手伝いします。
    お気軽にご相談ください。

2.病院を出発する用意をします

  • 病院でお世話になった方々へのお礼を述べます。
  • 死亡診断書をもらい(大事な事なので、出来るだけ早く)、入院費用の精算を早いうちに済ませておきましょう。
  • 病院に置いてある故人の荷物を整理し、引きとる準備をします。

前へ  次へ

ご遺体の安置

ご遺体を自宅に迎えます

 

  • 寝台車でご遺体をご自宅にお運びした後、寝具に寝かせます。 (派手な色のものは避け白い敷布等を敷く)
  • ご遺体は、北枕もしくは西枕にします。
    ※宗旨宗派により異なります。
  • 寝具の上から七条袈裟※1で覆ってのせます。
    ※宗旨宗派によって異なります。

※1 七条袈裟・・・高位の僧が身につける袈裟のこと。当社員にご相談ください。

葬儀式場・寺院・地域会館・安置所に安置する場合

最近では葬儀式場や寺院・地域会館・安置所に直接安置する場合もあります。詳しくは当社にお問い合わせください。

 

←前へ  次へ→

枕飾り

1. 枕飾りをします

  • 枕元に小さな台を置いて白い布をかけ、枕飾りをします。
  • 線香立て、ロウソク立て、花立てに一本樒(しきみ)※1を飾り、仏飯を供えます。
  • 宗旨や風習により、故人が使っていた茶碗に新しく炊いた御飯を山盛りにし、故人の使っていた箸をまっすぐに突き立てて供えます。
  • 鈴を用意します。
    ※宗旨宗派によって異なります。

※1 樒(しきみ)・・・別名仏前草。昔、墓地荒らしを避けるために墓地に有毒植物である樒を植えた習慣から、樒を飾ります。

2. 神棚封じをします

  • 神棚の戸を閉め、白紙を貼ります。
  • 絵画や額などの装飾品も、白紙を貼るかはずしておきます。
    仏事用があれば変えていただきます。
  • 表に忌中の掲示をします。
    当社員が持参いたしますが、近年では防犯上の観点から、忌中紙を貼らない場合があります。

←前へ   次へ→

枕経

1. 寺院に連絡します

  • まず寺院に一報を入れ、枕づとめに来ていただくよう依頼します。
  • 寺院から僧侶を招いて枕元でお経をあげてもらいます。
  • 通夜や葬儀の日時も、予定が立てられれば決めておきます。
  • 葬儀についての詳細は、枕づとめに来ていただいた時などに打ち合わせるとよいでしょう。
  • 地味な服装で念珠を手にかけてお参りします。

2. 寺院と詳細を打ち合わせします

  • 僧侶と通夜、葬儀、お骨上げ、初七日法要などのスケジュールを決めます。
  • 葬儀を務める僧侶の人数などを決めます。
  • 特に院号等を望む場合、その事を依頼しておきましょう。
    (先祖の位牌が参考になります)
  • 火葬場へついて行っていただけるかどうかも確認しておきましょう。

当社員がご遺体の安置から枕飾り等の仏具まで全てご準備いたします。
菩提寺がない場合は、当社員にご相談ください。

 

←前へ   次へ→

葬儀内容打ち合わせ

1. 喪主を決定

  • 故人と最も血縁の濃い人が喪主になるのが原則です。
  • 喪主は、葬儀の主催者です。
    遺族の代表として弔問を受けなければなりません。また、法要・納骨・年忌法要なども責任を持って務める必要があります。

2. 日時を決定します

  • 親戚、寺院などの関係者、また当社員と協議し、通夜と葬儀の日時を決定します。
    ※火葬場等の都合にもよります。

3. 葬儀を行う場所を決定します

  • 自宅、お寺、集会場所、葬儀会館など場所を決定します。

4. 葬儀の内容規模を決定します

  • 故人の地位、格式、弔問人数などにより、葬儀の内容、規模を決定します。
  • 初七日法要などのスケジュールも決めておきます。

5. 世話役と係を決定します

  • 葬儀をスムーズに行うため、喪家の事情や地域の習慣のよくわかっている方に世話役をお願いしましょう。
  • 世話役には、受付や接待の手配から、寺院への連絡、食事など、さまざまな事柄を提示していただきます。
  • 受付・接待など、葬儀に必要な係を決め役割分担をしておきます。

※葬儀委員長は葬儀の規模や地域の風習により立てない場合もあります。

←前へ      次へ→

葬儀の用意

1. 葬儀・通夜の日時、場所が決定したら親類や友人に連絡します

  • 特に親しかった人には直ちに知らせます。
  • 会社関係は、上司など中心となって伝達してもらえる人に依頼するとよいでしょう。
  • 各種団体にも連絡をしておきましょう。

2. 近所へ連絡します

  • 隣近所への連絡は、町会長を通じておこなうとよいでしょう。
  • 向こう三軒両隣は、直接あいさつに出向きましょう。

※一般的には、葬儀・通夜の日時・場所を決めてから連絡します。

. 葬儀の細かい打ち合わせを行います

  • 当社員とご相談の上、祭壇、供花の収受、粗供養品(会葬者にお渡しする品)などを決定してください。
  • 火葬場への車(マイクロバス・タクシー)の手配や新聞の死亡広告の手配などについても当社員にて代行させていただきます。
  • 遺影写真(個人が鮮明に写っているもの)をご用意ください。

. 喪服の用意をします

  • 通夜は地味な服装で結構です。
  • 葬儀では、喪主は正装し、身内の方もなるべく喪服を着用します。
  • 各種喪服の貸衣装を用意しております。ご用命ください。

. 料理の手配をします

  • 通夜や葬儀に必要な料理の手配を行います。
    ※当社員でも手配させていただきます。

 

←前へ      次へ→

ご納棺について

1. 湯灌について

  • 地域により方法は異なりますが、昔は逆さ水(たらいに水を入れた後、適温になるまで湯を注ぐ)でご遺体を洗い清めました。
    これを湯灌といいます。

2. 特別湯灌車(オプション)

  • 特別湯灌車を用意しております。
    長い入院生活でお風呂に入りたいという故人の希望をかなえて差しあげるため、湯灌の儀式にのっとり、ご遺体の全身を洗い清め、洗髪、ひげ剃り、爪切り等もおこない、安らかに眠っているような姿に整わせていただきます。

3. 死化粧・死装束をします

  • 親族の手で故人を清め整え、死化粧ををしましょう。
  • 死装束は宗旨、宗派によって異なります。

4. 柩にご遺体を納めます

  • 枕経・死装束が終わったら、納棺となります。
  • ご遺体を柩に納めるときは、正式には身内の方だけで行います。

5. 故人の愛用品を柩に入れます

  • 柩に納められたご遺体のまわりには、故人が生前に愛用した品物を一緒に入れます。

※火葬の都合上、ガラス製や金属製、その他燃えにくい物を入れるのは避けてください。

 

←前へ      次へ→

会場の準備

1. 葬儀の会場を決めます

  • 葬儀の会場と祭壇の位置を決めます。
  • 受付の設営・幕張りなどを行います。(雨天・冬期・夏期によって、テント、暖を取る燃料、扇風機などの用意も必要です)

※自宅葬儀の場合、邪魔になりそうなタンス、下駄箱などは片付けておきます。当社員にご相談ください。

2. 案内標識を出します

  • 近所の主要道路へ、案内標識を出します。
  • 近所で駐車場を手配しておきましょう。
    (親戚の方の為にも通夜前から用意しておくのがよいでしょう)

※ご希望により、ガードマンの手配もさせていただきます。

3. 受付を設けます

  • 会場の入り口に受付をつくります。
  • 芳名録、筆記用具、香典受け、名刺受けなどを準備します。
  • 礼状と粗供養品(弔問者にお渡しする時、受付の場合とお帰りの場合とがあります)を用意します。

4. 受付の心得

  • 親戚、近所の方、勤務先の方など故人の交際関係をよく知っている人が受付の係をつとめます。
  • 記帳をお願いする場合、芳名録には氏名だけでなく、住所または勤務先も記入していただきましょう。
    (後日、香典返しを送る場合の住所録にもなります)
  • 御香典を受け取った時、お名前以外に住所を書いていない人には書いてもらいましょう。
    又、御香典は最初から通し番号を入れ、針と糸で通しておけば間違いないでしょう。
    (針や糸・ハサミ・のり等事務用品はご用意いたします)

 

←前へ      次へ→