カテゴリー別アーカイブ: お葬式のマナー

お布施について

お布施とは、葬儀や法事法要の時に、お寺(僧侶)に渡す謝礼のことです。
地域・宗派によって金額は異なりますので詳しくは当社にご相談下さい。

仏式の場合
* 枕経・通夜・葬儀・告別式・火葬前の読経※1・還骨勤行※2
* 戒名
* 初七日法要※3
* 法事法要(四十九日、一周忌、三回忌、七回忌など)
のお礼としてお渡しするのが一般的です。
※1 火葬前の読経・・・省略される場合もあります。
※2 火葬場から遺骨が戻ったら、還骨勤行式となり読経をします。
※3 初七日・・・還骨勤行式後、初七日法要も合わせて行うことが多くなっています。
神式の場合
神式では、通夜祭・葬場祭/告別式・火葬・遺骨迎え・翌日祭等を執り行います。その際、神官・神社に謝礼を渡します。
キリスト教式の場合
牧師や神父・教会に、通夜式・告別式に対するお礼を渡します。

お布施の包み方・書き方

どの宗教でも共通して使える表書きは「御礼」です。
※仏式以外では、蓮の模様入りの袋は使いません。

 

葬儀のお布施

枕経・通夜・葬儀・告別式・火葬前の読経・還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。
※初七日を葬儀当日にするときは一緒に、別の日に行う場合は別途渡します。

お布施の渡し方

お布施を小盆の上に乗せ、僧侶に上書きが正面になるようにして差し上げます。(御導師以外のお寺様のお布施も御導師様と一緒に)
法事・法要時のお布施
四十九日、初盆、一周忌、三回忌、七回忌等の法要でも、読経のお布施とお車代、御膳料等を渡します。

服装

通夜に急いでかけつける場合は平服でもかまいません。
葬儀・告別式には、略礼服、または黒っぽい服装(ダークスーツなど)を着用します。

一般的な男性の服装
* ダークスーツ
* 白シャツ
* 黒のネクタイ
* 黒の靴下
* 黒の靴(光沢のない黒。スエード、金具のついているものは避ける)
一般的な女性の服装

* 黒のワンピース、スーツ
* 黒か肌色のストッキングを履く(素足は避ける)
* 肌の露出を避ける
* 黒の靴(ミュール・サンダル、光沢のある素材は避ける)
* 結婚(婚約)指輪以外のアクセサリーはつけない(パール、オニキスの一連ネックレスなら可)
* バッグ類は布やカーフのものが基本。殺生を感じさせるようなものは避ける。
子供の服装
* 学校の制服
制服がなければ、ダーク系のジャケット(ワンピース)に白シャツ、黒あるいは白の靴下、黒の靴。

お悔やみの言葉

通夜や葬儀にお伺いしたときに、受付や御遺族に挨拶をします。
長々と話す必要はありませんので、手短かに心をこめてお悔やみを述べましょう。
お悔やみの言葉例

* 此の度は御愁傷様でございます。
* 此の度は突然のことで、大変お気の毒でございます。
* 此の度は御愁傷様でございます。突然のことで言葉も見つかりません。
* 此の度は、大変お気の毒でございました。いろいろ大変だと思いますが、どうぞお力を落とされず、お気持ちをしっかり持ってください。

香典の心得

表書きの書き方

不祝儀袋に薄墨で、名目と姓名を記入します。
裏の左隅にも金額を記入します。

宗教や宗派によって、香典の表書きは違います。表書きは「御香典」とするのが一般的ですが、「御霊前」は全ての宗教・宗派の葬儀で使用可能とされていますので、不安なときは「御霊前」としておくとよいでしょう。

仏式御・・・仏前・御香典・御霊前
神式御・・・玉串料・御神前・御霊前
キリスト教・・・御霊前・御花料・献花料
無宗教式・・・御霊前

※浄土真宗に関しては「御仏前」を使います。
※蓮の花が描かれた香典袋は、仏式専用に作られた香典袋です。

中袋の書き方

中袋にも、必ず住所・氏名・金額を書きます。
中袋の表に、漢数字で金額を書き、裏側に住所と氏名を書きます。

※金額に「也」はつけません。
※新札は避けるのがマナーです。もし、新札の場合は、折り目をつけて包みます。

連名の場合
目上から順に右から左に、4人以上の場合は、中央に代表者名を書き、その左に「他一同」と記入します。
中袋には、全員分の住所・氏名を書きます。全て書きこめない場合は別紙に記載し、中袋に入れておきます。
グループの場合
表書きには、「株式会社○○経理部」のように、グループの名称を書き、別紙に全員の 名前を書いて中袋に入れます。中袋には代表者の住所・氏名を記載しておきます。

袱紗(ふくさ)の包み方

香典は弔事用の紫・紺・灰色等の袱紗に包みます。
包み方の順番は、慶事の場合と逆になります。
右 → 下 → 上 → 左 という順で包みます。

香典の渡し方

通夜に出席する場合はお通夜の席で渡します。
御霊前に供える場合は、表書きを差し出した人が読めるようにしてお供えします。
ご葬儀に出席する場合は、受付で記帳し、その場でお渡しします。お渡しする方が読める方向にお渡しします。
郵送する場合

事情により葬儀に出席できなかった場合は、現金を香典袋に入れた上で、現金書留封筒に入れ、郵送します。葬儀に出席できない理由とお悔やみの一文を添えるとよいでしょう。

献花の作法

キリスト教式では、献花をおこないます
キリスト教式では、カトリックプロテスタントとも献花をおこないます。
献花には、一般的に、小ぶりの菊かカーネーションが使われます。
納棺にあたるものは、納棺式です。
通夜にあたるものは、前夜式です。
告別式はなく、葬送式だけです。
葬送式には一般の会葬者も最初から参列します。
献花の手順
1. 順番が来たら、祭壇に向かって遺族に会釈します。
2. 礼をし、花を両手で受け取ります。
3. 献花台に進んで一礼し、茎の部分が霊前に向くようにします。
4. 手を持ちかえ、そっと献花台に置きます。
5. 手を組み合わせて頭をやや下げ黙祷をします。
6. 献花の後、カトリック信者は十字を切る場合もありますが、信者でない場合は、黙祷か最敬礼でもよいとされています。
※最近では、キリスト教式でも焼香がおこなわれるようになってきました。

玉串奉奠の作法

神式では玉串奉奠を行います
仏式の焼香にあたるのが、玉串奉奠です。
玉串を霊前に捧げる順番は、仏式と同じく、喪主から血縁の濃い順位です。
参列者が多い場合は、礼拝だけの場合もあります。
玉串奉奠の手順
1. 祭壇に進んで、神官の前で一礼をします。
2. 玉串の枝の根元を右に、枝先を左にして受け取ります。
左手で枝の下から捧げるように持ちます。
3. 神官にもう一度礼をし、祭壇前にある、玉串奉奠台の前二〜三歩のところまで進みます。
4. 玉串を軽く目の高さまで捧げ右回りで回転させます。
5. 正面を向いたまま少しさがって二礼し、音を立てずに二回拍手(しのび手)一礼します。再び神官に向かって一礼し、霊前から下がります。
※神式の各宗派により作法が異なります。

お焼香の作法

1. 一礼して霊前に進みます。
2. 右手の親指と人差し指・中指で香をつまみます。
3. 左手を受けるように添えながら、おしいただくようなかたちで捧げます。
4. 香炉に、静かに入れます。
5. 合掌してからさがります。
※焼香の作法は、宗教によって異なります。
※葬儀の進行状態により司会者から一回焼香を、お願いする場合もあります。
※焼香の回数は次の通りです。
臨済宗回数にこだわらない 香を額に裁いて焼香
真言宗通常三回
日蓮宗通常三回
浄土宗通常三回
曹洞宗回数にこだわらない
天台宗回数にこだわらない
浄土真宗・本願寺派(西)通常一回 香を裁かないで焼香
浄土真宗・大谷派(東)通常二回